ネットワークエンジニアの仕事について

ネットワークエンジニアの仕事について

ネットワークエンジニアはシステムやソフトウェアの基盤であるネットワークを計画・設計・構築・運用する技術者です。ネットワークについての要望を把握・分析した上で、効率性・信頼性・安全性の高いネットワークシステムを実現するため、安定的な運用を確保する技術を提供します。システムエンジニアの一種でありますが、主にネットワーク通信に特化した情報処理技術者のことを指します。

ネットワークエンジニアの役割は大きく分けると上流工程と下流工程があり、それぞれ担当者が異なります。上流工程は要望のヒアリングや要件分析、提案書の作成、基本設計などを行い、下流工程は構築やテスト、運用、保守といったものが主な業務になります。

ネットワークエンジニアとは

ネットワークエンジニアとは、個々のコンピュータをスイッチやルータといわれる専用機器に結び、専用機器を介して、個々のコンピュータの情報を快適にやりとりできるネットワークをつくりあげる技術者を指します。
その「ネットワークのシステム作り」がネットワークエンジニアの仕事であり、実際に個々のコンピュータをネットワーク機器に接続するためのLANケーブルの敷設や物理接続などの「LAN配線業者」のことは現在では、一般的にネットワークエンジニアとは呼んでいません。
また、Windows, Linxu, UNIXなど各種サーバの技術者は「サーバエンジニア」と呼んでいます。
※ネットワークエンジニアはさらに「情報システム側」と「ベンダー側」の2つに大きく分類することができます。

  • 成果報酬制 格安 SEO対策頑張る全国の中小企業に200円~の成果報酬型SEO!!お見積り・SEO対策相談は無料です。ぜひ相談してみてください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ