ネットワークエンジニアの仕事について

ネットワークエンジニアはシステムやソフトウェアの基盤であるネットワークを計画・設計・構築・運用する技術者です。ネットワークについての要望を把握・分析した上で、効率性・信頼性・安全性の高いネットワークシステムを実現するため、安定的な運用を確保する技術を提供します。システムエンジニアの一種でありますが、主にネットワーク通信に特化した情報処理技術者のことを指します。

ネットワークエンジニアの役割は大きく分けると上流工程と下流工程があり、それぞれ担当者が異なります。上流工程は要望のヒアリングや要件分析、提案書の作成、基本設計などを行い、下流工程は構築やテスト、運用、保守といったものが主な業務になります。

ネットワークエンジニアとは

ネットワークエンジニアとは、個々のコンピュータをスイッチやルータといわれる専用機器に結び、専用機器を介して、個々のコンピュータの情報を快適にやりとりできるネットワークをつくりあげる技術者を指します。
その「ネットワークのシステム作り」がネットワークエンジニアの仕事であり、実際に個々のコンピュータをネットワーク機器に接続するためのLANケーブルの敷設や物理接続などの「LAN配線業者」のことは現在では、一般的にネットワークエンジニアとは呼んでいません。
また、Windows, Linxu, UNIXなど各種サーバの技術者は「サーバエンジニア」と呼んでいます。
※ネットワークエンジニアはさらに「情報システム側」と「ベンダー側」の2つに大きく分類することができます。

  • 貸し会議室情報一覧 徹底比較まとめは会議室を比較する際に重要ポイントとなる項目をピックアップし、気にいった渋谷周辺の会議室がすぐにわかるよう一覧表にまとめたサイトになっております。
  • 化粧品の物流をお考えなら、日立物流コラボネクスト株式会社をご検討ください。当社は1987年に(株)資生堂の物流子会社として創業。化粧品・ヘルスケア商品の物流が得意であり、顧客第一主義に徹した高品質、高効率な物流。日立物流グループの一員である当社の化粧品物流のプラットフォームを最大限に活用いただくことで、お客様のニーズにあった物流改革のサポートをいたします。